AWS

Amazon SESの通知結果をAmazon SNS、Lambdaを使用してDynamoDBに保存する

AmazonSESの送信結果を取得するために、今回はAmazonSNSをトリガーとして、LambdaからDyanamoDBに保存する仕組みを作っていきたいと思います。 この方法はAWSのサポートでもありましたので、今回はそれを試して...
Laravel

Homesteadアップデートのエラー対応:sha512

Homesteadをアップデートした時にエラーが出たので、メモとして対応方法を記述する
Git

Macアップデート後にGitでエラー

Mac OSのアップデート後にGitが動かなくなったときの対応方法
Laravel

Laravel 5.8 クエリビルダーでWhere句付きのサブクエリ

Laravel 5.8 クエリビルダーでWhere句付きのサブクエリ
Laravel

Laravel 5.8 routesをサブドメインで分ける

Laraveのルーティングをサブドメイン毎に分ける
Mac

Mac環境でlocalからメールを送信する(mailtrap)

MacのPostfixを利用してLocal環境からメールを送信するやり方をまとめます。
Laravel

Laravel 5.7 パスワードリセットの日本語化

Laravel5.7のパスワードリセットを送られるメール本文も含めて日本語化をしてみました。 少しだけ調査がめんどくさかったので、まとめています。
Laravel

Laravel 5.7 メールアドレスの確認を日本語化も含めて実装する

アプリ開発でメールアドレスが本当に登録してきたユーザー本人のものかを確認するときがあると思います。 Laravel5.7からMustVerifyEmailというの追加になったようで簡単に実装することができましたので日本語化も含めて簡単にまとめてます。
Laravel

Laravel 5.7 APIのバリデーションエラー時のレスポンスをカスタマイズする

Laravelで作成したAPIのバリデーションをのエラーをfailedValidationを使用してカスタマイズします。
Laravel

Laravel 5.7 確認画面付き入力フォームの作成

Laravelを使って確認画面付きの入力フォームの作成ですがLaravel 5で確認画面付き問い合わせフォームを作る を参考にしたのですが、Laravel 5.5から formatErrors が使えなくなったので別の方法はないか模索してみました。 結論からいうと failedValidation を使えば行けているようです。 大まかな流れは、参考にした記事と同じなので、そちらを見て下さい。